座談/‘EDWARD T. NAKANO、CHIKASHI KONDO、JUN TAKIGAWA’AIS取引所ディレクター

‘暗号通貨と法廷通貨を共に取引する取引所’モンゴルにオープン、モンゴルで採掘作業への投資も

“上昇可能性を知らせる‘AID CONCIERGE(人工知能ヘルパー)SERVICE’技術融合”

イ‧ギョンテク記者 2018-10-23 12:29 日本語 DN 52.00
▲左からAISのEdward T. Nakano、Jun Takigawa、Chikashi Kondo Director

AIS(Alternative Investment and Security Coin)は、今年7月モンゴルのNI銀行とMOUを締結した。NI銀行のセキュリティシステムを利用して法廷通貨と暗号通貨の取引が可能な取引所を来年3月モンゴルでオープンする予定である。AISは、10月15日プレセールを開始することで、これまで準備してきたプロジェクトの本格的な稼動に入った。10月17日メーカースペース(ソウル市 江南区 宣靖陵駅)で開かれた‘グローバルクリプトブロックチェーンVIP二番目のパーティー’(Babeldog主管)に参加した彼らと会い、‘AISプロジェクト’に対する詳しい内容を聞いてみた。この日座談会にはEdward T. Nakano、Jun Takigawa、Chikashi Kondo AIS Directorがこの場を共にした。

 

▲AISロゴ

1015日からプレセルスタート3月取引所オプン4ICO進行予定

記者: 9月13日に会ってから1ヶ月ぶりだ。‘AISプロジェクト’はうまくいっているのか?

Edward T. Nakano: まず銀行について話したい。以前は法定通貨の取引について私たちに直接できるかどうか曖昧な部分があったが、1ヶ月の間にうまく話がまとまり、法廷通貨の取引が可能になった。本当に朗報だ。基本的に暗号通貨取引所といえば、ほとんどは暗号通貨の交換を考える。しかし、私たちが法廷通貨の取引が可能になったことで、より大きなシナジー効果が得られることになった。

記者: 事業はどの段階まで進んでいるのか?

Edward T. Nakano: 10月15日からプレセールに入った。トークンの発行量は2,300,000,000個であり、ハードキャップは45,000,000USD、ソフトキャップは10,000,000USDだ。今はプロジェクトとしての準備ではなく、‘スタート’という段階になった。そして、私たちのウェブサイト(ais-x.io)もオープンした。来月頃モンゴルで暗号通貨の採掘事業への投資も開始する。取引所オープンの目標を3月に、トークンセールICOを4月にスタートする。私たちは今回のイベントで新しい投資家たちと会うために韓国を再訪問した。

 

▲Edward T. Nakano Director(AIS)

記者: AISが今回の韓国出張で得たいことがあるとしたら?

Chikashi Kondo: 投資家、技術、同業できる取引所、マーケットメーカーの4つだ。韓国はすでに多くの暗号通貨取引所を運営している。それで、取引所の経験を持っている人と話し合いたいと思う。取引所の運営者と会いたいので、今日このイベントに参加することになった。

記者: 韓国スケジュール以降、他国でのスケジュールは?

Chikashi Kondo:  メインはシンガポールと台湾だ。来年にはロシアとヨーロッパのほうを考えている。

記者: 1ヶ月前のインタビューでDConferenceに参加する計画だとおっしゃったが、どのような状況なのか?

Chikashi Kondo: 話を聞くにはDConferenceが延期され、来年2月や3月頃に行われるそうだ。DConference関係者とも良い関係を保っているため、今日その話を聞いた。

 

▲Chikashi Kondo Director(AIS)

人工知能技術を利用した取引所にAID Concierge Service(人工知能ヘルパビス)導入

記者: モンゴルのユーザーたちが暗号通貨に関心が高いのか知りたい。

Edward T. Nakano: 関心があるようだ。一般の人たちも関心があるが、まだ投資するほどの関心が高くないようだ。まだよく知らない人たちもいるようだ。おそらく生活水準の問題も影響を受けているようだ。しかし、モンゴルの一部の富裕層が興味を持っているため、暗号通貨を買いたいと思うだろう。私たちはモンゴルのユーザーたちに本当に感謝しているので、特別にモンゴルのユーザーたちに上場前にエアドロップイベントを行う計画だ。日本の隣国である韓国にはモンゴルほどではないが、同じような特典を与えるために、私たちのAISテレグラムに登録していただいてエアドロップを受け取ってほしい。

記者: 先回ベトナム出張に行くとおっしゃったが、ベトナム出張はうまくいったのか?

Edward T. Nakano: ベトナムのDomochainとVnextに会い、非常に良い成果があった。また、ベトナムのエンジニアと人工知能技術を使って取引所にAID Concierge Service(人工知能ヘルパーサービス)を入れることについて話をした。例えば、アイフォーンのSiriのような機能は簡単なAIだが、私たちは人たちのコードと特性をAI化させて取引所に入れる計画だ。

例えば、保守的な人は価格が下がると買わないし、価格が上がると売るだろう。このような人たちの行動特性を分析してユーザーたちにアドバイスをする‘人工知能ヘルパーサービス’を開発し、取引所にその技術を適用する計画だ。

Jun Takigawa: 私たちが行おうとするサービスは、例えば‘明日雨が降りますか?’と尋ねられれば答えることができるが、‘明日のビットコインは上がりますか?’と尋ねられれば誰も予測できない。しかし、AISはConcierge serviceを通じて上昇可能性が何%なのかを知らせるサービス技術を融合させるだろう。この技術により、他の取引所と差別化してAISを浮き彫りにさせるだろう。

 

▲Jun Takigawa Director(AIS)

口コミですでに資金調達目標200%達成、韓とお互いに援するように

記者: 他の進行状況は?

Jun Takigawa: 私たちはモンゴルで暗号通貨取引所を開始しようとする。シンガポール会社でファミリーセールを行った。日本人を中心とした世界中のユーザーたちの応援と口コミだけで予定より資金調達が200%程度になった。

今は私たちのファン数と力が強まっており、ファンも日本という国を超えて世界へ少しずつ広がっている。ブロックチェーンの暗号通貨は国境を越えて多様な良いサービスを共有していく概念があり、私たちもこのような事業を通じて世界中の暗号通貨のユーザーたちを同僚またはファンにしていきたい。だからこそ、より多くのファンを作るために今回韓国を再訪問することになった。

私たちは、暗号通貨市場は‘まだ’だと考えている。韓国は非常に暗号通貨に関心が高い国だ。お互いに共に進められるものがあればよい。私たちも韓国を応援するから、韓国も私たちを応援してほしい。ぜひ応援してください!

- デイリーコインニュースは現場の声を優先します(news@dailycoinews.com) -

[copyrightⓒ 2018 All rights reserved by Daily Coin News]

Write

Leave a Comment

김용키 2019-01-07 13:09

잘 봤습니다^^

셋스킹 2018-11-10 14:26

와따시는 좋은 기사에 아리가또한 것이에오

전수미 2018-11-04 12:46

good

오미선 2018-10-31 10:41

Write As a Reporter
TNT 코인 ICO 2019-07-17 20:22
Packed haus... Delivering a talk on Libr... 2019-07-17 19:43
RISE Conf in Hongkong 2019-07-17 19:33
X